プラクティスは、簡・素・要

簡:ミニマルにえらぶ。ひとつだけ。手軽に、いますぐ。
  • 素:シンプルにする。小さく、やりやすく。
  • 要:エッセンシャルに限る。いちばん大切な、意味のあることに。

  •  

    必要最小限。ひとつかふたつにえらぶことで、やりやすくなる。
    じぶんの身体で、いますぐできること。
    目、耳、声、手、呼吸。

    つみへらす

    人生は、つみへらしだ。

    岡本太郎さんのことばです。

    積み上げ、積み重ねより、積み減らすことだ。

    「財産も知識も蓄えるほど、かえって人間は自在を失う。過去の蓄積にこだわると、いつのまにか堆積物に埋もれて身動きがとれなくなる。人生にいどみ、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれかわって運命を開くのだ。捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋にふくらんでいる。」

    新しいことにチャレンジすること。過去、現状へのこだわりを捨てること。
    へらす努力を、積み重ねる、ということなのですね。