17. Let it go.

させること、してもらうこと。相手に、じぶんに、あるいは ものごとに、何かをさせることです。放す、ゆるす、ゆだねる、まかせるといった意味を表現します。

It’s not working. なんか、うごかないんだけど。
Let me take a look at it. 見せてごらん。

Let me ask you a question. ひとつ質問です。
You can ask whatever you want. 何でもどうぞ。

16. That’s the thing.

もの。ものごと。具体的なものも、あるいは、かたちのないものごとも、ひっくるめてthing(s)で表現します。

Is this the thing you were looking for? さがしものはこれかい?
Oh, yes, that’s it. Thanks. それです。どうも。

What’s that thing on the wall called? かべにかかっているあれ、なんて言うんだっけ?
Which one? The picture frame? どれ?額?

15. Come on!

くる。人やものごとが、じぶんのいる場所や、見ていると ころに近づくこと。

Are you coming to my house? うちにくる?
What time can I come? 何時に行ったらいい?

Halloween is coming. ハローウィンね。
I can’t wait for the party. まちどおしい。

13. Take action.

手にとるようにものごとにかかわること。受け取る、もって行く、つれて行くなど、手を使って働くイメージです。

How long does it take? どれぐらいかかる?
It takes a few months. 2、3ヶ月です。

How is your back? 腰のぐあいはいかが?
Well, it’ll take some time to get better. なおるには、時間がかかりそうだよ。

12. There’s a way.

there は、そこに、here はここに、何かがあることを 表現します。

Is there a kids’ menu? こどもメニューあります?
Yes. Here you go. はい、どうぞ。

Where is my stuff? わたしのもの、どこにある?
Right there. Behind you. ほらそこ、うしろだよ。

毎日が贈りもの [じぶんサイズの時間と空間]

本川達雄さんはこう言います。「動物のサイズが違うとふるまいの速さも寿命の長さも違う。動物ごとに時間の流れがちがう。時間は身体のサイズと関係がある。」じつは人間にも「時間と空間のサイズ」があります。それは「ひと息の呼吸と、手に届く、身のまわりの空間です。無意識におこなっている「呼吸」は、いちばん自然な「時間」なのです。

11. Give it a try.

あげること。じぶんのほうから外へ、相手にむかって出すこと、放つこと、ささげることです。

How much do I owe you? いくらかりている?
Just give me a dollar. 1ドルでいいよ。

Do you think you can do it? やれるかい?
Give me some time. 時間をください。

I mean it.

意味すること。そのつもりである、という表現。

Find something to die for. そのために死ねるものを見つけなさい。

Is that the meaning of life? それが人生の意味ということでしょうか?

We’re all connected. Is that what you mean? わたしたち、みんなつながっている。そういう意味? 
Yes, it is. Feeling connected is key to life. そうです。つながりを感じられることが人生のカギ。

It happens.

growは、育てる(育つ)。happenは、ものごとが起こる。becomeは、ものごとが、何かになること。

What kind of plants are you growing? 何の植物を育てているの?
I’m growing roses, mostly. もっぱら、バラを。

Kids grow up fast. こどもは成長が早い。
We grow old fast, too. ぼくらもすぐ年取るよね。