学びは、じぶんの身に結びつけること

学びとは、じぶん身に結びつけることです。誰かにやり方を教わること、知識の獲得ではなく、じぶんが世界とのつながりを実感することです。そのためには「じぶんの身につける」ふるまいをすることです。そのつもりになって、身体の中からまわりにむけて、力を出すことです。声ことばのふるまいに変えて身の外に出力することが、学ぶ行為です。

There’s a difference between knowing the path and walking the path.

道を知っていることと、その道を歩くことは、別のこと。

身をもって、じぶんに関わる。

「習慣は、時間管理ではなくて、じぶんのエネルギーの活用です。手持ちの力を使い、じぶん自身と関わるプラクティスをすること。自分中心の価値判断を忘れるひと時を持つことです。その状態をマインドフルと呼びます。でも「10分でマインドフルになるぞー」といった意識ではなく、ゆっくりと、その場に委ねて、じぶんの素顔にむきあうことです。

It’s not time. It’s energy.

それ、じぶんかも?

ミステリー映画で、いちばん意外な結末は「なんと、犯人は自分だった!」ですね。驚きの理由は、感情移入して観ている主人公「自分」が犯人の想定から外れているからです。この「自分だけはちがう」という話が、日常にはよくあります。たとえば「きらいなもの」。よく考えてみると「きらいな理由」をつくっている犯人は自分以外にはいませんね。

Right. It was me.(なんだ、じぶんだったのか)

近づいて手にふれて、夢中になるプラクティス [ニュートン]

Like a boy playing on the seashore.

ニュートンのことば「私は海辺で遊ぶ少年みたいなものだった。ちょっとなめらかな小石があったり、きれいな貝殻があったりすると、それで夢中になっている。真理の大海が手つかずのまま、目の前にあるということも忘れたままで。」夢中になるプラクティス。それは、身の周りのふしぎに近づいて手でふれること、声に出してことばにすることです。

落花生の都合

The way up and the way down are one and the same.(のぼり坂とくだり坂、どちらもおなじ道)

落花生は不思議な植物です。地中にカプセルをつくって実を結ぶ花。実は、土の中に、カプセルができるから、実ができるのです。カプセルができないと実にはならない。私たちは、どうも「原因→結果」と「手段→目的」という、後づけの考えに慣れすぎています。何でも人間の都合であてはめるというルールに。落花生はそんなふうに考えていません。

なんとかなるべ

人間にはどうにもならないことがあります。「しかたがない。なんとかなるさ。」ということばを声に出してみるだけで、救われます。それはあきらめのことばではありません。「なんとかならない」というふうに、自分で決めることはできないのですから、あとはゆだねればよいのです。英語の表現にもあります。

Things will turn for the better.

にこやかになれる

「相手」というと、人間の、それも関係のある人を相手と考えますね。でも実は「相手」になる「もの」や「こと」は無数にあります。身のまわりのもの、出会うものと、ふれあう時、じぶんがその「相手」になっています。ひとりでいても、決して「ひとりっきり」ではありません。じぶんから相手になれば「にこやか」な気持ちが生まれます。

Keep your smile.(いつも、にこやか)

共感は、生きる最大の力。

スピノザは、「人間の本質は、その人の自然な力が発揮されることである。」と言います。そして、「どのように生きよ」という道徳や教育よりも、じぶんが手持ちの力で生きることを倫理として説きました。私たちには、相手と同じような存在であるという感覚、他者に共感できる力があります。それは制約の中でこそ活かすことのできる最大の力です。

You’ve got the power!(すでにその力があるんだよ)

あたりまえフィルターをはずす

創造的に生きるには?特別なことはありません。だれにでもある、目と耳と口。どこにでもある、光と音と香り。私たちは、ふだんの世界に慣れきってしまい、ほとんどのものごとに「あたりまえ」というフィルターがかかっています。それをそっととりはずせば、身のまわり、じぶんのふるまい、みな不思議ばかりです。不思議は、創造のはじまり。

Don’t take it for granted. あたりまえ、ではない。

かけ声の力を活かそう

Believe it or not, your voice is very powerful.(声にはおどろくほどの力がある)

ひと息の、声のリズム。それが、力を備えたことばです。意味を覚えようとしないで、声のリズムを刻むことで、ふだんは忘れていることが、思い出される。シンプルな動作と声のリズムが一体になっているから、あとになってから、記憶を復元するすごい力になるのですね。じぶんにも、声をかけてみよう。