Empathemian , エンパシーム [ あ ]

リチャード・ワーマンさんは、こう言います。

You only understand something relative to what you already understand.
すでにわかっていることに関連づけたことしか、わからない。

いくら情報があっても、情報自体は、何も言ってくれません。自分でつながりをつけないかぎり、情報にはならないということです。

人に何かを教わるにも、自分がすでに知っていることに関連づけないと理解できない。新しいことは、下地になるものがないと急にはわからない、ということ。人はそれぞれ、ちがう下地、ちがう枠組み、固有の下地をもっていますので、「教える」ことと「学ぶ・わかる」ことは、土台がちがうことなのです。

「わかる」という感覚は、自分自身とつながりがつくこと、関連づけ、結びつきができるということです。英語のUnderstandということばは、もともと「対象の物事の、相手の、下に立つ」「相手の身になるように関わる」という意味でした。

ワーマンさんはいいます。
「1エーカーという広さがどれぐらいだといっても、ピンとこないだろう。アメリカンフットボールフィールドのサイズだといえば想像がつく。」(もちろん、日本なら、野球場のサイズというところでしょう。)

円という概念も、手で図形を描くことができるから想像できます。想像や共感といったことばも抽象化された概念ですが、これは、結びつけるイメージが一般にはないので、人によって受けとめ方が異なります。

エンパシームは、色のついたビーズ玉に見立てた、共通のメタファです。日頃なじむことで、心に定着します。それをみんなで共有します。『あ』のエンパシームといえば、黄色い玉がすぐ思い浮かぶはずです!

出典:リチャード・ワーマン『それは情報ではない』、エンパシームサイト『エンパシームメソッド』