Empathemian , エンパシーム [ あ ]

リチャード・ワーマンさんは、こう言います。

You only understand something relative to what you already understand.
すでにわかっていることに関連づけたことしか、わからない。

いくら情報があっても、情報自体は、何も言ってくれません。じぶんでつながりをつけないかぎり、情報にはならないということです。

人に何かを教わるにも、じぶんがすでに知っていることに関連づけないと理解できない。新しいことは、下地になるものがないと急にはわからない、ということ。人はそれぞれ、ちがう下地、ちがう枠組み、固有の下地をもっていますので、「教える」ことと「学ぶ・わかる」ことは、土台がちがうことなのです。

「わかる」という感覚は、じぶん自身とつながりがつくこと。関連づけ、結びつきができるということです。英語のUnderstandということばは、もともと「対象の物事の、相手の、下に立つ」「相手の身になるように関わる」という意味でした。

ワーマンさんはいいます。

「1エーカーという広さがどれぐらいだといっても、ピンとこないだろう。アメリカンフットボールフィールドのサイズだといえば想像がつく。」(もちろん、日本なら、野球場のサイズというところでしょう。)

円という概念は、手で円を描いた体験があるから、かんたんに想像できます。
想像や共感といったことばも概念ですが、その人の持つ体験の記憶によって結びつけるイメージはさまざまでしょう。

エンパシームは、静かにすわって、ひと言思いを声にする体験です。
それが、色のついたビーズ玉に見立てて表現されます。
体験することでなじみ、その感覚が無意識に定着します。
みんなが具体的におなじ体験をすると、共有する概念がつくられていきます。

『あ』のエンパシームといえば、黄色い玉がすぐ思い浮かぶはずです!

「身体で覚える」

「こわれて、はじめてわかる」

「おくりものは共通体験」

出典・参照:Richard Wurman 『Information Anxiety』、リチャード・ワーマン『それは情報ではない』、『エンパシームメソッド』

「流れに委ねて[間]をつくる(エンパシーム動画)」


「エンパシームは体験の光粒」

TED創設者であるRichard Wurmanさんのインタビュービデオから