Empathemian 『たなとと共にトレイル」Fremont Older Open Space Preserve

ある人から、こんな話を聞きました。
「これ、自分に向いていないなーとか、よく聞きますね。だから、「やらない」ってね。不思議ですよね。自分に向いていない、って何でわかるんでしょう。まだ、何もしていないうちに。」

「自分に向いていないことは、やらないほうがいい。」誰がそんなこと言ったんですか?格言にあるの? 「自分に向いている、向いていない」っていう架空の条件づけね。「やりたくない」理由を自分でつくりだすから、何にもなかった話が、それで厄介なものになっちゃいますね、私が思うに。」

「あ、私の仕事?倉庫のマネージャしています。たくさん、ものを運ぶ仕事です。頭も使いますよ。でね、よく、言うんですよ。」

向き、不向きより、前向き。

「調子がいいでしょ、このことば。それにそうでしょ、目の前の荷物をね、まず、運んでからね、って。前を向いているとね、忘れちゃいますよ。そもそも、向き・不向きなんてね、わからないよ。自分には。それに、どちらでもいいじゃないの、実際のところ。」

キエルケゴールは、こう言いました。

Life can only be understood backwards; but it must be lived forwards.
(人生とは、後ろにさかのぼってわかるものだが、生きるのは、前向きしかない。)

私たちは、物事に後から気づきます。思い出すこと、気づくことで、そうだったな、と後でわかる。

前向きに生きる?生きるのは前向きしかないよ。

出典:セーレン・キェルケゴール『死に至る病』