「じぶん」のかわりには、だれも生きられない。

だれもがみな、おなじように、
一度かぎりの、じぶんを生きている

だれもがみな、共感するじぶん
そして、つながりあう存在。

他者とふれあい、共にあることが
感じられる時、心がひらき、

じぶんとまわりの世界を
結びつける路ができる。

共感のはたらきが、じぶんを学ぶ路

* *

エンパシームは、じぶんの後ろ姿をうつす鏡
じぶんのふるまいに気づく時、未知に出会える。

エンパシームは、
サイエンス、アート、テクノロジーの支えによって、
じぶんと身近な人をはげまし、
助けあう循環をつくる。

エンパシームは、縁の路をひらく
人間に備わった共感の力を引き出して

身近な社会にひらめきとふるまいをもたらす路

 

* * *

じぶんを生きている」とは?

ふだん「私が生きている」と思っているけれど、じぶんひとりで生きているのではない。
私たちはみな、全体の一部。ひとりひとりが、じぶんという、ひとつのいのちを生きている。
 
 

「だれもがみな、共感するじぶん」とは?

私たちは「自分中心のじぶん」としてだけではなく、「他者と共感できるじぶん」でもある。
他者もひとりのじぶん。じぶんもまた、ひとりの他者。まわりの存在と共にあるじぶん。

 

「共感のはたらきが、じぶんを学ぶ路」とは?

身のまわりのもの、他のいのちと共に生きているんだな、と感じられる時に、小さなじぶんの存在に気がつく。

私たちはみな「そういう気持ちになれる」という共感の力を持っている。
自分中心の意識を和らげないと、じぶんという存在の意味を学ぶことはできない。
共感の力がはたらく時、自意識はしぜんに和らぐ。

 

じぶんの後ろ姿を映す鏡」って?

じぶん自身の姿は、鏡の前に立たないと見えない。
エンパシームは、鏡の役をする相手になって、いっしょに間をつくり、
その場・その時を自然な流れの中に映し出す。
心を磨くふるまいを、そっと見守る鏡。
 
 

助けあう循環」って?

じぶんの身のまわりを手入れする小さなプラクティスが、
めぐりめぐって人を助ける。
じぶんから人を助ける心が、じぶんを助ける。

ひとりひとりの毎日の中に、無限の可能性がある。

 

縁の路をひらく」とは?

まわりのものと共にあるじぶん。
それをふりかえる毎日がくりかえされていくうちに、
いままで気がついていなかったこと、「未知」にめぐりあえる。
いちばん身近なの未知は、じぶん。
そのことに気がつくと、いろいろなことがじぶんと結びついてくる。
縁の路がひらかれるのだ。

 

ひらめきとふるまいをもたらす路」とは?

サイエンスも、アートも、テクノロジーも、
じぶんの身のまわりの自然に宿る力にふれ、それを引き出し、活かすこと。
共にある、共にふるまう、共にはたらく、小さなじかんがひらめきに変わる。
だれもが、ひとりのじかんを、世界に捧げることができる。
エンパシームは、じぶんとテクノロジーを共に助けるフィロソフィー。

 

出典・参照:坂口立考『エンパシームでひらく路』