Empathemian 『I am an olive』

岸田衿子さんの詩集から「南の絵本」を。

いそがなくたっていいんだよ
オリイブ畑の 一ぽん一ぽん
オリイブの木が そう云っている
汽車に乗りおくれたら
ジプシイの横穴に 眠ってもいい
うさぎにも 馬にもなれなかったので
ろばは村に残って 荷物をはこんでいる
ゆっくり歩いて行けば
明日には間に合わなくても
来世の村にたどりつくだろう
葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
走っても 走っても オリイブ畑は
つきないのだから
いそがなくてもいいんだよ
種をまく人のあるく速度で
あるいてゆけばいい

* * *

大切な「声ことば」の種をまく人は、じぶん。
ありのままの、何もないそのままの、じぶんの、ふるまい。それだけが、じぶんの本当のみちをつくる。

いそがないでもいいんだよ。

小さく、みじかく、ゆっくりと
やわらぐふるまいで、その場をおこすと、
ゆだねるひととき が生まれる。
その時、よりそうことばを そっと すくって
たどってみる。

大切なのは、ゆっくりしっかり歩くこと。

オリイブの実をひとつぶ食べるときに、思い出して、ひとこと、言ってみると、オリイブの味わいがあるかもしれません。いそがなくてもいいんだよ、と。

出典:岸田衿子『いそがなくてもいいんだよ』「南の絵本」