Empathemian 『Nurture Empathy 円相図』

ゆっくりと、ていねいに、円を描く。

それは、小さなひと時をつくることです。
静かにすわり、エンパシームの流れに委ねます。
『ゐ』の円をなぞるだけです。何の構えも、飾りもいりません。
シンプルに、そして、ミニマルに。

ミニマルとは、手持ちの、最小限の力を、最大限に活かす、という意味です。
流れにゆだねれば、自然に備わった力が発揮されます。

自然に備わった力?そうです。
呼吸、声、周りの空気とふれあう力です。

円を描いてはじまり、もういちど円を描く。
区切りをつけるまでのひと時。それで小さな[いま]ができます。

小さな今?
今という瞬間はいくらでもあるよ、と思うかもしれませんね。でも、本当にそうでしょうか?


円は「わけへだてのなさ」の表現。

「あーしなければいけない、こうしなければいけない」ということで、私たちの日常は、埋め尽くされていないでしょうか?

雑音と、心配と、入力しなければいけない情報・知識でいっぱいではないでしょうか?

すぐ、手にとれる、身近な、小さな[ いま ] はありますか?

夢中、無心、無欲の、小さな[ いま ] は手の届くところにありますか?

円は古今東西、人間の根源的シンボルです。
宋代の中国に『十牛図』とよばれる禅の思想を表した詩画があります。こんなストーリーです。

「飼っていた牛が逃げた。それを探しに出る。足跡を見つけ、牛を発見する。つかまえ、手なづけ、牛にのって家に戻る。牛を小屋に入れると、もう牛のことを忘れてしまう。牛も飼い主のことを忘れ、そこには、ひとつの円相だけがあるー」

人も、牛も、共に忘れている。「人牛倶忘」と題された円相図。わけへだてのない、自在な境地の表現。
悟りの境地?自分には関係ない、と思う必要はまったくありません。
ほんのひと時でも、想像し、その気になれることが「自在」です。

ひと息の、円ひとつ。

それは、小さな、素振り。
心を和らげ、相手に委ねるひと時をつくるプラクティス。

Go with the flow.

エンパグラフをのぞいてみると、ほんの数秒の、無意識的な手の動きに、あなたの姿がうつっています。

「エンパシーム紹介動画・流れにゆだねて」

出典・参照:『十牛図』「人牛倶忘」、『毎プラガイド』

「十牛図」