おくりものは共感体験

絵本『わすれられないおくりもの』より。

誰もが頼りにしていたアナグマの死期が迫っていました。アナグマは、自分が死ぬことを恐れてはいません。死んで体はなくなっても、心は別の形で残ることを、知っていたからです。

「最後の雪が消えた頃、アナグマが残してくれたものの豊かさで、皆の悲しみも、消えていました。アナグマの話が出るたびに、誰かがいつも、楽しい想い出を、話すことができるように、なったのです。

了海になった日のこと

絵に描けるほど、目に焼きついているシーン。声がきこえてくるような思い出。
そう聞かれたら、何が思い浮かびますか?

私は、ある紙芝居です。

その日は、天神講の集まりでした。小学校にあがる直前の、うららかな春の日。
天神講は、天神さま、菅原道眞のおまつりです。
同じ地区のこどもが、年長の小学生の家に集り、丸一日遊んで過ごすので。10人の小さな集い。

天神さまへのごあいさつをすまして、さっそく遊びます。そのいちばんはじめが、紙芝居でした。