Empathemian『Zero-Person』

Inspire Self.(じぶんをひらめかせる)

一人称、二人称、三人称。

話す、この私が一人称。
聞いている、あなたが二人称。
話に出てくる、それ以外の人、ものは全部、三人称。

文法上の分類です。

はて?
考えてみると、なんか、変。

だれにも、話していない時がある。
じぶんひとりの時。
心の中で何か考えているじぶん。

相手に話す以前のじぶんは、何人称?
「私」は一人称に決まっている?

私は、対外的なもの。
相手に話しかけるから、「私」と呼びます。
つまり、「私」は「あなた」とセットの概念。

わたし以前の、じぶんがあります。

・思っているじぶん
・考えているじぶん
・じぶんに語りかけるじぶん

Inner Speech/Self-Talk/Internal Voice

Explore Self.(じぶん探索)

じぶんは、ゼロ人称です。

一人称以前の、素のじぶん。
私たちは、1日の大半を「ゼロの地帯」で、じぶん自身とコミュニケーションしています。

何かを考えている時も、
ことばを覚える時も、
日記を書いている時も、
夢でストーリーが進行している時も。(*注1)

ゼロ人称のじぶん
そのじぶんを包むように、
なぞるように、
たしかめるように、
声をかけて生きているのです。

ゼロ人称のじぶんが使うことば。
それが、内語です。
内なる言語。
じぶんをつくることば。

エンパレットシリーズ「Inner Speech(心の中のことば)がじぶんをつくる」へ続く

出典・参照:以下のエンパレットなど

(*注1)英語の文法のはじめに、人称の話がでてきます。日本語の日常会話では、主語を使わないことが圧倒的に多いですが、場合によっては主語が必要になります。外に向けてことばを発する時の状況や心持ちが、一人称モードをつくります。実は、英語でも主語を省略することがあります。また、昔は、主語・一人称(I)は、使われていなかった表現も、だんだん進化して、今のカタチになったという発展の歴史があります。どんな言語でも、私たち人間は、じぶんの心の中でことばを使っています。内語(Inner Speech/Self Talk)と呼ばれます。

小さな修養の原理 ③ (いちばんの力は?)

そのように、声に出して言う。[ソクラテスが本当に言ったことは?]

内語に親しもう

内語をふるまう