Empathemian『そのまま』Santa Clara, California

ソクラテスはこう言いました。

ただ生きるのではなく、よく生きよ。

どのように自覚し、それを表現するかは人それぞれでも、だれにも、そのような願いがあります。よく生きるとは「上手に生きる」ことでしょうか?

汝(なんじ)を知れ。

ソクラテスは、「じぶん自身を知ることだ」ということばを残しました。 そして、そのためには、どうしたらよいか?

じぶんが知らないことを、そのまま、知らないと言うことである。

それは、知ったつもりになることではなく、また「自分は知らないってことはわかっているよ」という「知識」を持つことでもありません。

「じぶんは、知らなかった」ことに気づくことです。

そして、「じぶんのことを知らない」ことを素直にうけいれ、それを心のより所にすることです。

そのためには、身のまわりの物事に心をひらき、だれとでもふれあい、むきあってみることです。

「無理してがんばる」ことではなくて、素直になること。

どうしたら、素直になれますか?。

じぶんにむかって、声に出して言ってみること。

じぶんを知るとは、じぶんは知らない、ということに気づくこと。
それを声に出して、いつも思い出せるようにすること。
ソクラテスの「汝を知れ」とは、そういう意味だったのです。

Unlearn ”you know yourself.” Learn to accept it.(知っているつもりにならない。素直に受け入れることが、学び)

「おどろきに心をひらいて」

「素の力をひきだそう」

「I’m humbled.」

「フランクリンの修養ツール」

出典・参照:プラトン『プロタゴラス』 『ソクラテスの弁明』、『英プラ』 トレイル2 (37) Know yourself.

Know yourself.

ソクラテス