フランクリンの修養ツール

課題とする徳目を選び、毎晩それに反する行為がなかったかを、ふりかえり、できなかったことを印にして数えるのがフランクリンの修養法。私たちはまず、具体的な行為を最小限にかみ砕いてふりかえることから。エンパシーム・メソッドは、静穏のひと時をつくり、じぶんをふりかえって声に残し、それをたどることで、フランクリンの修養に近づきます。

Count your actions.(じぶんのふるまいを、数える)

Less is more (4) (制約の回数)

読みやすさの指標で測ると、ヘミングウェイの『老人と海』の読みやすさは、Grade 4(小学校4年生)です。簡単そうですが、そうはいきません。なぜか?ただ、短く書くとは、削ること。いったんアウトプットしたものを捨てることです。less(簡潔にする)とは、more(もっとプラクティス)ということ。それは、制約の回数です。

Write less, say more.(簡潔にすれば、より多く伝わる)

多面的な「エンパシーム」をひとことで

エンパシームは多面的なコンセプトです。(1) コンセプト(2) テクノロジー、特許技術(3) データ(4) メディア(5) ツール(6) スマホアプリ(7) メソッド(8) 社会イノベーション。エンパシームはしくみであり、思想です。「だれもが、じぶんのプラクティスで参加し、貢献できる」社会イノベーションの思想です。

ひとりじゃない、みんなおなじ。

エンパシームは、じぶんの修養を映し出すだけではありません。人間に備わった力、共感 (Empathy)を引き出す共通単位、最小単位という意味あいをこめて、エンパシーム(Empatheme)と名づけられました。じぶんの[ いま ] を実感することで、ひととつながれます。静かにすわり、ひと息の間をいれるという共通体験です。

We are not alone.(わたしたちは、ひとりぼっちではない。みんなおなじ)

いまを実感する単位でプラクティス

なぜ、人生の最後になって、[いま] を生きる、というのだろう?それは「いま」の実感をかぞえられないから。実感するために使える道具がないから。これまで、[いま] を実感するための、ちょうどよい単位も、使える道具もありませんでした。ふだんの呼吸の時間で実感の数を数えられるように。それをできるようにするのがエンパシームです。

Practice Empatheme.