Empathemian『Memorialize it』

詩人・長田弘さんは、このようにつづります。

記憶は、過去のものでない。

それは、すでに過ぎ去ったもののことでなく、

むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。


とどまるのが記憶であり、

じぶんのうちに確かにとどまって、

じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。


記憶という土の中に種子を播いて、

季節のなかで手をかけてそだてることができなければ、

ことばはなかなか実らない。


じぶんの記憶をよく耕すこと。

その記憶の庭にそだってゆくものが、人生とよばれるものなのだと思う。

* * *


Memorialize your moment.(この、いまを記念する)

記憶とは、思い出すこと。
思い出して、ことばを育てること。

過去ではなく、いま、この時。
現在、じぶんで、創造するもの。

ひと言、言うこと。
ひと言、書くこと。

身体で一度アウトプットすることによって、
あとから、ふりかえり、たしかめる、という小さな行為になります。

何もせずに、一瞬のじかんを大切にすることはできません。
その都度、ことばで小さな「メモリアル」をつくることが、「大切にする」という行為です。

ことばを書いて記録する。
ことばを声にして記録する。

エンパシームは、そのための伴走相手、いちばん身近な友になります。

エンパシームにつづる

Cultivate your soul.(じぶんを耕せ)

Nurture your moment.(時を育てよ)

「ひと時の数を」

「ひとりのじかんに」

「思い出すから記憶になる」

「ふりかえる力で身になる」

出典・参照:長田弘『記憶のつくり方・あとがき』、『毎プラガイド』

「長田弘」