Empathemian, Picchetti Open Space Preserve

ギリシャの哲人・エピクテトスのことば。
自分にないものを嘆かず、あるものを楽しめ。

じぶんが授かったものに気づき、それを使う喜びを感じることが大切ということです。
与えられたものを受けよ、それを活かせ。

持って生まれた能力とか、潜在能力とか、むずかしく考えるのではなく、じぶんの身体、声、授かったもので、すぐできることをやってみましょう。

例えば、このことばを声に出して言ってみることです。声に出したことばを聞けば、その力が作用します。そうする間に浮かんでくる想像もまた、力になります。

ところで、人間の思考・判断には、いろんな「認知バイアス」があることが知られています。自分に関係ない「他人事」に対してと、自分が「当事者」である時には、無意識に、ちがうバイアスがかかります。

自分ひとりで知ることのできる範囲は限られますし、判断する際には、色々な制約もあります。物事の判断には、気分や感情、心理状態が影響しますし、また、受けとめ方には、個人差もあります。つまり、合理的に判断しているようでも、部分的、限定的な合理性であったりするのです。

ただ、そのような見識や知識があっても、それだけでは、行動につながりません。自分の損得を一生懸命考えてしまうので、エピクテトスのいうような気持ちになり、行動できる方向にしむけづらいからです。

考えない方がよい、というのではありません。色々考えるからこそ、その思考・判断がどのようなものであれ、それ以前に肝心なことを、直接導いてくれる知恵のことばがありがたいのです。それは、「声ことば」にして、じぶんで聞いてはじめて、意味があります。

出典:エピクテトス語録