Empathemian『Balance of Chance』

何がかたよるのでしょうか?

それは、「チャンス」です。
チャンス (chance) は、これからの可能性、確率をあらわすことばです。

まだわからない、未知のことに対する姿勢。
その姿勢が、バランスを欠いてしまうのです。

なぜでしょうか?

こんなことばに、聞き覚えはありませんか?

[A]
・そんなのムリ
・できっこない
・やってもムダ
・ダメにきまってる
・わかるわけない
・そんなことはありえない
・やめたほうがいい
・わざわざやる意味ない
・じぶんには関係ない
・何の得にもならない
・失敗するとロクなことない
・期待しないほうがいい

こちらのことばは、どうでしょうか?

[B]
・できるかもしれない
・やってみなければわからない
・やる意味はある
・何かわかるかもしれない
・そういうこともありうる
・やったほうがいい
・やってみたい
・何かおきるかも
・失敗してもいい
・何も失うものはない
・損ばかりじゃない
・人のためになるなら

もし、[A]のことばばかりだとしたら、バランスがよくありません。
[B]のことばだけでよい、ということではありません。
ポジティブの方がよい、楽観的な方がよい、運を信じるのがよい、と短絡的に言っているのではないのです。

バランスが崩れていることに気がつけるかどうか、です。

人間の合理思考は、とても限定的で、損失することにとても敏感になってしまうバイアスがあることが知られています。
よくないことが起きるのを、先まわりして恐れたりすることも、人間の感情です。

でも、すこし落ちついてみれば、バランスにかたよりがあることに気づきます。
じぶんを中心にしているからです。

じぶんが得すること、何かを得ることをあたりまえの前提にしていると、未知のこと、わからないことに対しての姿勢がかたよってしまうのです。
じぶんがかたよっている。じぶんにかたよっている。
その結果、大切なことが見捨てられています。

How do I get neutral? (ニュートラルになるには?)


「チャンスとバランス」(3)へ

出典・参照:人間の限定合理とバイアスに関するエンパレット

「私たちはみな、限定的なじぶん。」

「ゆっくりと、パッとひらめく」