Empathemian, The apricots at Orchard Heritage Park

Be a doer.

(行動する人であれ。勇気をもて)

Be accountable.

(自らのふるまいを省みよ。高潔であれ)

その昔、ソニーに入社した翌日、専務の田宮謙次さんから贈られたメッセージのことばです。

doer は、ドゥアーと読みます。
何事も「する人」でありなさい。
accountableは、自分の行動について、いつでも語れるような、という意味です。

最近は、日本語でも新聞などで、「アカウンタビリティ」ということばが使われるようになりました。
「説明責任」と訳されています。

ただ、「説明責任を果たせ」といった使い方を聞くと、かなり誤解されている、という気になります。
accountableとは、後で言い訳をしない、疑われるような行動をしない、という意味だからです。

つまり、「説明すればいいでしょ」ではなく、「説明が必要になるようなおこないをしない」なのです。

こういう言葉があります。

李下りかかむりたださず。

李(スモモ)の木の下で、冠(カムリ=帽子)を直そうとすると、盗みを働いていると疑われる。
後で言い訳をしなければならないような、あやしい行動をしてはいけない。

責任ある行動とは、配慮の姿勢です。
では、そのためにはどうしたらよいのでしょうか?

じぶん自身にむけて、声に出して、はっきりそう言えばよいのです。
それが、まさに be accountable です。

自分で言うことは、自分でそのことばを聞くということです。

それは、じぶんを相手にして、ひと言声をかける、という「共感的なふるまい」なのです。

「3歳の心にも、ことばは響く」

「修養する人になる」

「じぶんを手入れする路をこしらえる」

出典・参照:『古楽府』君子行、『英プラ』 トレイル1 (23) Be true. 坂口立考『毎プラガイド』

Be true.

「李下に冠を正さず」