Empathemian, Sierra Azul Open Space Preserve Trail

創意工夫をして、こしらえるのが、愉快。

中学生の頃、井深大さんのこのことばに出会いました。ことばの響きだけで、いい気分になりました。

他人がやらないことに全力を注げ。
The one and only. (唯一、無二であれ)

そこにこのことばが重なり、私はソニーに入社しました。いまでも「じぶんひとりでも、だれもしないことをするんだよ。」というふうに聞こえます。

ことばがきっかけになり、支えになり、多くのひとのご縁と運にめぐりあいました。研究、開発、創作、著作、制作。いろんな物事をつくることに携わってきました。

独創的な発想で、オリジナルな物・事をこしらえる。

こしらえる、とは、たくさんの素材から、意外な組み合わせを探して、ねばり強く、試しながら準備することです。失敗が多いですが、愉快です。

この話は、職場や開発の現場に限りません。日常のたくさんのことにあてはまります。なぜかというと、 「全力を注ぐべき、他人のしないこと」「じぶんしかできない」大切なことが、あるからです。

それは、じぶんの手入れです。じぶんという身心の手入れは「他人がやらない、全力を注ぐべき」ことであるはずです。
その中に、「なりたいじぶんになる路」をこしらえるたのしみがあります。ほんのわずかの時間。1日の1%のじかんをつなげていくだけで、できるのです。

The one and only. かけがえのない、じぶん。

他人とくらべて、勝っているとか、負けているとか、そういうことじゃないんです。
じぶんをこしらえることは、じぶんしか、できないのです。切実で、そして、ありがたいことなのです。

なりたいじぶんになる路をつくり、それを手入れする。