毎プラをはじめるまでの流れ

  • null

    エンパシームアプリの

    ダウンロード

  • null

    プラクティスの選択

    毎プラを選択しています。

  • null

    参加申込み

  • null

    オリエンテーション

  • null

    プラクティスの

    はじまり

❹ オリエンテーション

毎プラのトレイルへ出発です。準備するもの、心得を確認します。

以下のエンパレットを順番に目を通して、実際にプラクティスしてみましょう。

毎プラの概要をもう一度みる

共感をうつす [フォトグラフ]

ある写真の鮮明な記憶がある。

『ライフ』に特集された『排水管から流れ出る死』。ユージン・スミスは水俣の人々と共に暮らし、被害者家族との関係を築きながら、共同体の内側をを表現した。母に抱きかかえられて入浴する娘は、四肢全身が麻痺し、目も見えず耳も聞こえない。環境汚染による水銀の鉱毒が人間の中枢神経を破壊する事実。公害の被害者・遺族にふりかかった苦難の現実。その中で生きる人間の勇気。

古からいのちをつないできた土地の名前が「病気の名称」となり、それが「救済の線引き」対象にされたミナマタ。共に生きる人間に対しても、自然に対しても、「共感のまなざし」が欠乏する社会の現実。妨害の暴行にあって脊椎を痛め、失明しながらも渾身の仕事を続けたスミス自身はこう綴る。

写真は小さな声に過ぎない。だが、一枚の写真が人の心に響き、感性と理性の触媒となって、遠い人々への理解や共感をもたらすこともある。

詳細をみる

こわれて、はじめてわかる。

「失敗を恐れるな」は、よく聞くことばです。でも、すでに「失敗=怖いもの、よくないこと」という雰囲気が漂っています。本来、失敗は「恐れる・恐れない」という対象ではなく、学びのいちばん大切なプロセスです。気づかぬうちに「何も試さず、その機会を捨ててしまう」という選択肢を選んでいるのだとしたら、それこそが本当の「失敗」です。

Give it a try.

詳細をみる

勇気は小さな夢に

大きな夢と、小さな努力。
小さな夢と、大きな努力。

祭壇の壁に貼られた墨の書体。それが目に入ってきた瞬間、そのことばと再会した。
40年前、中学校時代に、確かに聞いた、ことばだ。

高橋先生は、私の数学の恩師である。
問題を解くだけでなく、問題をいっしょにつくり、共に考える体験を授けてくれた。

大きな夢。それには小さな努力の継続がいる。
小さな夢。それには大きな努力と勇気がいる。

詳細をみる

❺ プラクティスのリソース