Empathemian『Historia de una gaviota del gato que le enseñó a volar(Luis Sepúlveda)』

絵本『カモメに飛ぶことを教えた猫』より。

黒猫のゾルバは、タンカーから漏れ出た油で瀕死となった母カモメ・ケンガーが最後の力を振り絞って産んだ卵を託されます。そして、知り合いの猫、ネズミや人間の力を借りて、子カモメ・フォルトゥナータとして育て、飛び方を教えることに成功します。

歓喜して大空を飛ぶフォルトゥナータと、それを見守り、詩人のように呟くゾルバのラストシーンです。

ゾルバ:さあ、飛びなさい。大空のすべてが君のものだ。
フォルトゥナータ:決して忘れません、あなたと皆さんのことを。
ゾルバ:勇気を出してやってみる者だけが飛べるんだ。

Sólo vuela el que se atreve a hacerlo.

ちがうものが互いに力をあわせ、助けあって生きる姿。Joint Venture (ジョイント・ベンチャー)ということばが思い浮かびます。ジョイントは「共に・互いに」、ベンチャーは、「新たな挑戦、冒険」のこと。

ビジネスでは、企業同士が出資しあって、合弁事業の子会社をつくる例があります。この物話は、猫とカモメ母子とのジョイントベンチャーです。

夫婦もまた、助け合って家庭を築くジョイントベンチャーですね。そこから生まれてくるものは、家族だけはありません。ジョイントベンチャー、すなわち「相手とじぶん」のある世界だからこそ、培われるものがあります。信頼、尊敬、希望、信念、じぶんの心。

私は、メキシコで6年、スウェーデンで10年のジョイントベンチャー事業を体験しました。そこで学んだことは開発やビジネスだけではありませんでした。それよりも、異なる背景を持った数々の人たちが集まり、違う考えをぶつからせながら、共に感じ、共に歩むことで、共に学んでいく営みの尊さです。

The whole is greater than the sum of its parts.

全体は、部分の総和よりも大きい。


出典:ルイス・セプルベダ『カモメに飛ぶことを教えた猫』、『英プラ』 (65) Serve. (78) One by one.