Empathemian 『Nurture Habits』

手の中のエンパグラフ。

ありのまま、自然にふるまったように、エンパシームの連なり、声ことばのseed、ふるまいを包む「空気」などが、たのしく表現されます。

植物のメタファでいっぱいです。

土壌があり、風があり、水があります。
種があり、芽があり、茎があり、
葉があり、花があり、実がなります。
種の中の種子もあります。

じぶんの「やわらぐふるまいが育つ」アナロジー。

Nurture habits. (じぶんのふるまいを養おう)

実は、植物になぞらえていることには、深い意味があります。

「ある」「いる」という存在を表すことば 、英語では「be」といいます。これは、ギリシャ語の、phyoという「生まれる・生じる」ということばと同じ語源です。

古くは、インドヨーロッパ語族のことば「bheu」から「be」も「phyo」も派生してきました。

phyo「生じる」という動詞からできた名詞が「生じるもの「physis」で「自然」という意味です。

漢字も「生」という字の古い形は、土の中から草木の芽が伸びた姿をかたどったものだと言われます。

自然を表すラテン語源の「nature」も「nurture」(養う)もまた、植物の生育から生まれたことばです。

人間の存在や発育は、植物になぞらえ、学ばれてきたわけです。人間が、植物に似ているのですね。


出典:『英プラガイド』『毎プラガイド』