Empathemian, Sierra Azul Open Space Preserve, California

こんなことばがあります。

No one cares how much you know until they know how much you care.

どれだけ知っているかではなく、親身になって気にかけてくれるか。

伝わるものは、知識や情報ではなく、おもいやる気持ちです。

careということばは、共感のふるまいを表すことばです。

ケアということばは、日本語の中にも定着しています。
スキンケア、ヘルスケア、デイケア、など。
世話をする、面倒をみる、という意味あいのことばが多いですが、
careは、本来、痛みや悲しみを共にするということばでした。

相手を思いやる、気づかう、おもんばかるという意味です。

英語の日常会話にはよく出てきます。

Care for coffee? (コーヒーはいかが?)
I don’t care. (別に、かまわない)
Be careful. (気をつけて)
Take care.(元気でね)
I care about you.(大切に思っている)

英語の単語を1:1で日本語に置き換えにくいのは、ケアはものの名前ではなく、「おもいやる」という心の働きを表すことば(動詞)だからです。

careは、じぶんの身におきかえて、相手を想像することば。
そう思って、ひと言、声にしてみると、響きが変わります。

Take care.(じぶんを大切に)


出典:『英プラ』 トレイル 1 (13)(21)(26) Take care.