Empathemian, Sunnyvale, California

オリバー・サックスは、こう言いました。

本当の自分とは、内なる言語の中にある。

「私たちの、本当のことば、本当の自己は、内なる言語の中にある。ひとりひとりの心をつくる意味が、とめどなく紡ぎだされてくる、内なる言葉の中に。
私たちが、自己存在を確かめるのも、じぶんの世界をつくりあげられるのも、この、内なることばによってである。」

ふだん、気づかずにいる、自分自身の「内語(Inner Speech)。私たちは、小さい時から、相手とむきあい、声のあることばで関わりながら、同時に「内なる」ことばの世界をつくりあげています。

それによって、思索、内省をし、勇気づけることもできるし、自分でじぶんを傷つけることもできます。

内なる世界がうまくいっていない時。それは内語が行き詰まっています。そんな時どうしたらよいでしょうか。

内語というとなにやらミステリアスに聞こえる、つかみどころがないことばのように聞こえるかもしれません。でも、心配はいりません。それはもともとある、じぶん自身の声のことばなのです。じぶんのことばなのに、触れることなく放ってたままにしておくのは、もったいないことです。

声ことば、身体のふるまいに委ねて、そっと外にだしてあげればよいのです。そっと、もどすだけです。

じぶんひとり静かに。だれもほかのにはいないのですから。

エンパシームは、いつでも、待っている。

出典:Oliver Sacks 『Seeing Voices』