Empathemian 『We are one』

浜田寿美男さんは、このように言います。

「ことばとは何か?「語と文法からなるシステム」と言うと、ことばが先にあり、それを使ってやりとりするように聞こえるが、そうではない。他者との対話(ことば以前の対話)から、ことばが生まれてくるのであって、その逆ではない。対話性があるから、そのように、ことばを獲得するのである。他者との関わりこそが本質である。

自分の声を聞くという行為。しゃべる行為そのものは無意識だが、実は、相手が自分の声を聞いていることを確かめている。決して、おまけに自分にも聞こえるのではない。話すという行為は、聞くという行為と一体になっている。

私たちは、記憶や想像というかたちで、声にはださないが「内なる他者」にふだん話しかけ、「内なる他者」の声を聞いている。目の前に他者がいなくても一人二役のことばをごく自然に発することができる、いわば、自我の「二重性」があり、それが対話回路のようにして、回り続けている。

自我という実体があるのではない。他者との関係性のなかに生まれたもの。ことばが対話であるのとおなじ意味で、「私」も対話であるという言い方も可能かもしれない。」

相手がいるからこそ、ことばを学ぶ。

相手があるからこそ、自己を学ぶ。


私たちは、ふだんとても重大なことを忘れてしまっているようです。
ひとりでも、相手にかけることばと共に生きている。
じぶん自身が、「内なる声の対話」でできているのです。

そう思うだけで、世界が違って見えてきます。

I am the dialogue with myself.(対話がじぶん)

「内語をふるまう」

「プラクティスのツボ⑥相手』「相手を思う気持ちで」

「ふれあう相手が先にある[心の連続がコミュニケーション]」

出典・参照:浜田寿美男『「私」とは何か・ことばと身体の出会い』、『英プラガイド・プラクティスのツボ⑥相手』

浜田寿美男