エンパシーム「言語学習の盲点」を解決する

「 英語を聞いてわかるようになりたい、本当に使いこなしたい」というあなたの思い、エンパシームが実現します。一般の英語学習サービスと異なり、エンパシームはあなたの脳の処理スピードと精度」測定し、それを学習改善に直接活用する革新的なシステムです。エンパシームは発明特許テクノロジーを基盤にコンテンツとプラットフォームを提供する画期的なサービスです。

没頭する力 ⑦ Embrace inner speech (まとめ)

没頭するという行為によって無意識の力が発揮されます。筆者も没頭して、夢中になって書いていました。英語でも「没頭」にぴったりのことばが20以上あります。シード集として活用してください。エンパシームは、あなたのが音の出し入れに没頭して途切れのないプラクティスを導き、インナースピーチ(脳内に再現できることば)化を促進します。

Embrace inner speech.(ことばを心に抱いて)

没頭する力 ① Dive in and give your all!

プラクティス、最大の秘訣は、没頭。考えずに身体が動くような状態になること。没頭できる状態をつくるには、その空気の中にじぶんを投げ入れることです。じぶんの力を発揮する、のではなく、環境の力を借りるのです。毎日30分、没頭して、「無意識の力」を出し切ることで、はじめ思ってもみなかったようなところに到達できます。本当です!

Dive in and give your all.(没頭して、出しきれ)

Festina Lente ② [ゆっくりすると無意識の力が引き出される]

ゆっくりするとは、無意識の力を活かすことです。まず、ゆっくりするのは、意識の力。速くするのは、無意識の力。はじめは、意識して、ゆっくりすることを心がける。くりかえし、毎日続けていくことで、ゆっくりにする、というフォーム(姿勢)そのものを、身につけるのです。無意識的に、いつでもその姿勢をつくれるようになることなのです。

Learn to slow down.(ゆっくりを身につける)