間[ ま ]をつくるエンパシーム

Just one little moment.(ひとつ、小さなを)

空間のも、時間のも、じぶんと相手とのふれあいから生まれます。
の根源は、共感的な想像が湧き起こる場、その瞬間。

は、息と声と姿勢で、かたちづくられます。
私たちは、息によって声を、声と全身の動きによって、ことばを紡ぎ出しているからです。

ひとりでいても、相手の存在があり、やりとりするかのように、ことばを使っているのです。

ひとつのセリフの中に、いろいろなサイズのがつくられます。

・ことばとことばの(あいだ)

・セリフとセリフの(あいだ)

・場面と場面の(あいだ)

・音の区切れ(音節)と音節の(あいだ)

その基本(ものさし)となるのが、息です。
私たちは、息を声にかえて、話します。
ですから、ひとつのセリフは、ひと息です。
セリフの区切れは、息の区切れ。

ことばとことばのあいだのは、息の静止です。
微かなも、一瞬、息を止めることでつくります。

でも、ほとんど気づくことはありません。
母語は、生まれて以来、絶え間なく、身につけてきたものだからです。

とは、話す時の、声を出さない、わずかな時間です。
その瞬間、静止状態で、身体が次を動きを待っているのです。

逆の言い方をすると、ことばは、声に出さない無音静止状態によって、区切りをつけることです。
を掘り下げていくと、それがことばを形づくっていることに気づきます。

何でもないようなことですが、実は、重大な出来事だったのです。

「あゐてにふすいま」という間をつくる

You have the power.(その力がある)

ことばを話す時。
無意識的な、しぜんな流れの中に、間が小さなつぶのようにして、つくられています。

ただし、急につくられるわけではありません。
には、必ず、ひとつふたつと数えられる、順番のある流れが必要です。

順番のある流れとは、シークエンス(連なり)です。
たとえば、数珠つなぎのように、玉がつながっている様子。

とは、ものとものの「あいだ」のことですから、ひとつだけでは「あいだ」ができません。
自体は、わずか一瞬でも、

をつくるのは、一瞬ではないのです。

ひとつの流れがいります。
前後がいります。
周囲がいります。

あたりまえのことのように聞こえるかもしれませんが、このことがとても重要です。
ポンとひとつ、をつくることはできないからです。
をつくるということは、をつくる流れをつくるということなのです。

(3)人間の「間」をつくる

このように間を掘り下げていくと、行き着くところがあります。
それは、人と人のです。

もともと、人間ということばは、人と人の間(あいだ)と書きますね。
また、世の中の人全体を指して世間せけんと書きます。

私たちはみな、ひとりひとり、生きていく存在です。
と同時に、ふれあい、わかちあい、共に生きる存在でもあります。

なぜ、が大切だ、といわれるのか?
それは、私たちが生きて暮らしていく上で、人と人の間(あいだ)には、ほどよい間隔と適切なタイミングが、とても大きな役割をになっているからです。

ほどよいとは、バランスが取れている、という意味です。
バランスということばも、ということばとおなじように、ふたつのものごとの関係(調和)です。

・どちらか片方に行き過ぎないこと。

・近づき過ぎない、くっつき過ぎないこと。

・離れ過ぎない、遠ざかり過ぎないこと。

でも、じぶんがバランスが取れた姿勢をつくっているかどうか、なかなかわかりません。
ですから、実際にをつくってみることで、わかります。

エンパシームは、そのために編み出されたものです。

まず、ひとりで、がしぜんに入るような流れをつくる。

エンパシームは、ひとつのです。
また、同時に、カプセルのように、その中に小さなをおさめます。
それをあとから、手にとるように、見て、聞いて、ふりかえることができます。

それだけではなく、さらに、じぶんのつくるにかきそえたり、ことばのつながりをつくったりできます。
そして、人と人のほどよいつながりをつくることができます。

・そっとみまもる(助けを求められたら応じられる)しくみ

・わかちあう(お互いの気持ちにもとづいている)しくみ

・よりそう(ことばひとつひとつをベースにはげましたり、はげまされたりする)しくみ

現代テクノロジーによって、人と人の距離は近づいたように見えますが、ほどよい間隔、つまりをつくることは、よりむずかしくなっています。
押し付けるのでもなく、放ったらかしにするのでもないということは、なんてことない話に聞こえますが、実は、なかなか得がたい出来事なのです。

でも、ものごとの根源にさかのぼってみると、をつくることの重大さに気づきます。
ぜひ、エンパシームを利用してみてください。
また、エンパレットも自由に活用ください(注1)

間[ま]をつくる② [小さな間が姿勢をつくるのは、なぜ?]へもどる

間[ま]をつくる①[何をどうすることか?]へもどる

FESTINA LENTE ④ [ゆっくりすることで、深くなる学び]

思いのタネをまく(4)手入れをすると、タネが芽生える。

作法そのものが学習である[すべてに共通するエッセンス]

出典・参照:『毎プラ てびき』、SomniQ, Inc 『Visualization of Speech』

「毎プラ てびき」

「声の鏡「円符の発明」へ」

(注1)本エンパレット「間をつくる」シリーズ①②③」と、「思いのタネをまく」シリーズ①②③④、Festina Lenteシリーズ①②③④は、互いに結びついています。キーワードをつなぐと、[思い・ねがい]=[タネまき・手入れ]=[姿勢]=[間をつくる]=[共感・想像]=[気づき]=[作法]=[プラクテイィス」です。このことを書いたエンパレットも準備中です。