Empathemian, Metsa Village, Saitama, Japan

ようじょうということばがあります。

辞書を引くと、病気の回復、健康の増進といった説明が出てきます。ただ、これだけだと、ことばの本来の意味がつかみにくいようです。

養生は、治療や栄養の補給のことではありません。
結果的に、病気の回復にも健康増進にもつながる、ちがう思想です。

江戸時代の本草学者・貝原益軒は、『養生訓』でこう記します。

養生の術は、心気を養うべし。
心を平らかにし、
いかりと欲をおさえ、
うれひ、思ひをすくなくし。
心をくるしめず、
気をそこなわず。
これ心気を養う要道なり。

養生とは、人間が本来もっている心身の調和を保つことです。何かがあってから、対策を講じることでないのです。心身の平静を保つように、じぶん自身をみちびくこと、しむけることです。

五木寛之さんはこう言います。
「強い枝は折れてしまう。いかによく曲がる、しなるかが大切。いかに強くなるかではなく、やさしくなること。」

耳を澄まして、からだの声を聴くこと。
日頃から、やさしく、いたわること。
養生=アタラクシア。

出典:貝原益軒『養生訓』、五木寛之『養生の実技』、エンパレット『アタラクシア』