Empathemian, A Conversation with Raynard Kington, at Grinnell College, Iowa

グリネル大学長のレイナード・キングトンさんと。

レイナード:アメリカ中、どこの学長さんと会っても同じ話題になります。最大のチャレンジは「偏り」。どうしてもSTEM(*注)に偏りがち。
学生は卒業後の稼ぎに目がむく。それから、多様性(Diversity)。色々な背景、経済事情をもった、個性ある学生を含めて、ひとつの全体を構成するのが大きな課題。言うのは簡単だが、なかなか大変。

りっこう:そうですね。サイエンスはスキルだけではなく。サイエンスの心、つまり人間の心を養うことですね。

レ:そのためにはできるだけ、いろいろの学び、いろいろの学生、それらの体験がつながる必要がある。

り:日本では明治の初め、福沢諭吉が大学を創立するとともに、多くの著書を記しました。先日、祖父の遺品に、当時のサイエンスの本を見つけたんです。

「温気の事。どんな物も熱すれば膨張し、冷やせば収縮する。自然界にあるものはみな、熱の恩恵を受けている。」「空気の事。空気は世界を取り巻き、海のようである。空気はあらゆるところに広がり、空気の満たないところはない。」

熱の恩恵とか、空気の海とか、そういうふうに、目に見えない物事に「共感のまなざし」をむけられることが、サイエンスの心を養うのだと思います。

レ:まさに、リベラルアーツとは、そういうことだね。

り:これ、日本語で「たなと」(*注)と名づけたんですが、木の中に「テクノロジーを詰め込むこと」ではないんです。人間のact(ふるまい)を起こすような自然の流れを、人間とキカイが一緒にできるようにすることです。
かたち、手さわり、アルゴリズム。人間の作法を共感で結ぶことなんです。

サイエンスも、共感のまなび。

出典:『訓蒙・窮理図解』」
(*注)STEMとは、サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マテマティクスの略。 (*注)「たなと」は、手のとも、たなごころの徒。ふれあうもの。abot(A Being of Touch)の日本語。