Empathemian, Limhamn, Sweden

世界は不思議で満たされている。

井上円了は生涯をかけて、宇宙と心の「不思議」を探求し、その哲学を日本の隅々まで伝道した人です。全国津々浦々、5400回、人々に語りました。哲学は、本を読むだけのものではなく、実践し活動するもの。生きる対象であるー。

円了先生との語らいを再現してみます。

先生、「不思議」ときくと、気分がいいです。世の中も自分の生活も、わからなくてはいけないものだらけなので。

宇宙の霊妙 不可思議なることが分かりてわかればわかるほど、不思議。
科学で「わかる」ことがたくさん増えるけれど、それとともにわからないことも増える。そもそも、科学は「なぜそうなのか」を語るのではなくて、不思議を探求するものです。

不思議は愉快。不思議が先生。
星辰も教師なり。山川も教師なり。

自然にふれて、わからないこと、不思議を学ぶのですね。未知にふれると想像がわきます。わからないものがある、ということを教えてくれる。その自然に包まれて生きているのに、それを忘れている。

ほんのひとときでも、そんな気持ちになれたら、うれしいですね。

心は不思議。私自身が不思議なもの。

Open up your heart.(心をひらいて)

この話は夢?いいえ、夢ではなくて、不思議です。円了先生のことばとふれあっているのです。

出典:『井上円了選集』『円了100の金言集』、『英プラ』 トレイル2 (46) Open up your heart.