Empathemian『Look up at the sky』

流れ星に会うチャンスも、その時にひとこと言える時間も、あることがわかりました。
 

あなたのねがいは?
 
と聞かれても、すぐに出てこないねがいは、ねがいではありません。
 
あーだったらいいな、こうだったらいいな、という願望のことでないのです。
 
では、神様や仏様に、お願いするのは?
  • 試験にうかりますように。
  • 明日いいことありますように。
  • 今年も健康でいられますように。
  • もっともうかりますように。
 
神仏におねがいすることを、「願をかける」といいますね。
 
ただ、たまにしか言わず、じぶんではなにもしないのでは、かないそうもありません。
かないやすいねがいと、かないづらいねがいがある、といったらよいのかもしれませんね。
  • どのようになりたいかを言わないと、神様もわからない(叶えようがない)
  • なりたいものにむかっていないと、仏様も、ムリやりつれていってくれない
  • じぶんは何もしないけれど、よろしく、といっているだけでは、力がない
 
ねがいが100個もあるはずはありません。
じぶんで覚えていられないようでは、ねがいになるはずはありません。
 
ねがいは、ひとつかふたつ、少ない数しかないはずです。
 
毎日、声にだして言っていることが、ねがいです。
 
みじかく、ひとことで唱えられることば。
いつも心にして、そのことばを声にだしていること。
 
大事なのは、ねがいのことばを、じぶんの声で聞くことです。
ねがっているだけではなく、それをたしかめることで、ねがいになるのです。
 
じつは、流れ星をみた時ぐらいの、一瞬の間、ほんの数秒の時間だからこそ、そのねがいを声にしていうことができるのです。
 
流れ星をみようとすることと、ねがいを唱えることは、関係があります。
 
それは、じぶんの心でつながるということです。
 
身についたことばが、ねがい
  • ひとことで言えることば
  • いつも、それがでてくること
  • いきなり言うことはできない
  • ふだんから、声にだしていること
  • つまり、身についていること
 
流れ星のように、ほんの一瞬の間に出てくることばをくりかえすことです。
 
その習慣ができた時に、きっとねがいはかなっているかもしれません。
あるいは、べつのねがいになっているかもしれません。
 
流れ星は、心の証として、じぶんをつなげる相手になってくれます。
 
もちろん、流れ星でなくても、おなじように、じぶんから「相手になれる」はいくらでもあるはずです。
 
じぶん自身とむすびつけることです。
 

Thank you.

(ありがとう)ねがいのことば