Empathemian 『Connecting the Suns』
(ピンホールを通る日食の光)

いろんな情報や知識があっても、そのままでは、信念や知恵には、発展していきません。

Connect the dots.
 (点と点を結べ。つながりをつけよ。)

星空を見上げると、星座が見つかりますね。星座をなす星どうしをつなげているのは、私たち人間の想像力です。遠く離れた星どうしを想像でつなげることができるから、私にとっての星座になるのです。

点と点をつなげるのは、じぶんです。日常の出来事も、自分自身の体験や考えと結びつけようとする心によって、つながりを持つようになります。何もせずに、物事同士が勝手につながることはありません。
それらの物事を相手として関わろうとする姿勢です。

点と点をつなぐ、というよりも、じぶんの思いによって、つながっていくということ。じぶん自身は、未だ見えないその線をおこすための「下ごしらえ」です。

スティーブ・ジョブズさんは、こう言いました。
「将来のことを考えて、点と点をつなげる、ということはできません。点と点は、ふりかえったときに、後からつながるもの。いまできることは、いつかつながると信じて、進むことだけです。」

点を点をつなげるものは、信じる心。

失敗も含めた体験のひとつひとつが点になります。それらがなければ、後からつながりようもありません。点がたくさんあれば、離れていても、共感の心で後からつながってきます。トライした体験が点。あとはじぶんが「線」になって、点と点を結んでいくのです。

そのためには?ジョブズさんは、言います。

Love what you do.
(じぶんのすることを好きになることだよ)

一歩一歩、歩いていけば、じぶんの後ろの路ができます。それをトレイルとよびます。そのうち、そのトレイルがふえてきて、何度も歩いたり、ふりかえったりするうちに、つながってきます。歩いたからこそ、あとでつながるのです。歩く前に、つなげることはできません。

Connecting the dotsは、ジョブさんのことばとしても有名になりました。でも、「点をつなげよう」と言っているのではなかったのです。歩いて、線ができたら、点がつながるよ、と。そのためには、夢中で歩くこと、だということなのです。

点のことは、忘れて、まず、歩きましょう。

出典:Steve Jobs 『Stanford Commencement』、『英プラガイド』 プラクティスのツボ