Empathemian『梨の花』Menlo Park

蜂飼耳さんの詩『梨の音』より。

梨が樹に 実ってゆくことは
この目のなかで実るのと おなじこと

けれど この両目が
地上から きえても
梨はやっぱり実をつける

五十億年後には
地球の水分はすっかり蒸発
(太陽との距離はちぢんで)

たしかに梨を
みた 口にして
梨と ひとつに

わたしは梨になる

*  *  * 

この詩につづけて、ことばをそえてみます。

果物の、音、香り、触感、色と味。
それらが、じぶんという土壌に染み込んでいく。
ほんの、ひと息ぶんの、短いじかんのできごと。

それは、共感の時つぶ。

ふれあうことは、そのものになること。
相手の身になること。ほんの、ひと息のじかんのできごと。
それを「共感の時つぶ」とよぼう。

想像してごらん。
つぶのように小さくて丸いじかんを。

ひとつひとつが寄り添い、
呼び合って、つながっていくから。

しらないうちに、ひらめくがじぶんができる。
私たちの「じぶん」は、共感の時つぶでできている。

I am you.

「じぶんが葦になる」

「相手の星になる」

「タコの身になる」

「電気のつぶが身にしみる」

「雲になる」

出典・参照:蜂飼耳『夜の絵本・ルオーの贈り物』、Empathemian『共感の時つぶ』

ジョルジュ・ルオー