Empathemian, 『たなと』Palo Alto, California

考える姿勢について、考えてみます。のびドラ風に。

ドラえもん:のびちゃん、人間は「どこで」考えてると思う?
のび太:頭の中でしょ。
ど:じゃ、知性は「頭の中に」あるのかな?
の:そうじゃないの?
ど:実は「動き」の中で考えるんだ。アクションによって外界との相互作用ができる。そこで考える。
の:でも、考えているのは、頭でしょ?脳みそで。
ど:脳もその一部。でも、体があって、動きがあって、環境とやりとりがないと、考えることがないよ。
の:じぶんの体を使わないと、わからないってこと?。
ど:そう。自分中心じゃなくてさ、環境にいることで考えるんだ。だから、体の延長となる道具も思考のうち。
の:だからドラえもん、いっぱい道具があるんだね。

佐々木正人さんは、こう言います。
「道具を使うことによって、われわれは環境の性質を引き出している。言葉・記号、暦も、道具。たとえば、「月の満ち欠けが周期的に起きる」という情報が、農耕活動を促したように。声も道具。呼び声、掛け声で、それによって、活動が促される。」

「見えている世界は、視覚ー運動系の所産である。われわれの知覚世界は、アクションの可能性によって情報化・分節化している。」

自分中心の、頭の中で思考が完結しているという見方を反転させると、世界が違って見えてきます。
ジェームズ・ギブソンは、環境との相互作用の性質を「アフォーダンス」と呼びました。

「姿勢」は、アフォーダンスを抽出する。

動作のもとになるもの、それは姿勢です。
作法によってある身体的な姿勢をつくることは、アフォーダンスを引き出す力になるということです。

「姿勢」が、アクションの原点。思考の原点。

出典:佐伯胖・佐々木正人 『アクティブ・マインド』、ジェームズ・ギブソン『生態学的知覚論』