Empathemian, 埼玉県飯能市

松下幸之助『道をひらく』に収められた「心の鏡」の一節から。

「身なりは鏡で正せるとしても、心のゆがみまでも映し出しはしない。だから、人はとかく、自分の考えやふるまいの誤りが自覚しにくい。心の鏡がないのだから、ムリもないといえばそれまでだが、けれど求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡は随所にある。自分の周囲にある物、いる人、これすべて、わが心の反映である。わが心の鏡である。すべての物がわが心を映し、すべての人が、わが心につながっているのである。」

きっと、そうなんだろう、そうありたいもの。と思うのですが、その肝心なことを忘れてしまいがちです。日常は慌ただしくて、なかなか、その心の鏡が見えません。

というより、そもそも、それはどんなふうに練習したらよいのでしょう。 「心の鏡」といっても、なんだか練習も何もせずに、いきなり、するみたいな気もします。

心を映すと思わないで、きっと何かが現れているのだろう、というぐらいの、小さなふるまいを、もっと小さく、ほんのひとときのじぶんの鏡でできないでしょうか。

ほんのひとときの、「じぶんの鏡」をもとう。

「私」の人格、人生が映るというより、まず、ひとつひとつの小さな[ いま ] だけを。 そんなふうに、小さく考えて、「ミニマル」にはじめられたらいいですね。

頭で考えるよりも、素手のふるまいで、身につけられるように。

エンパシームは、その手助けをします。

一日ひとつ、小さなふるまいの鏡。

出典:松下幸之助『道をひらく』