Empathemian 『水・鳥・アフォーダンス』Menlo Park, California

「ルーティンを忘れることもありますよ。」
あるテニスプレイヤーのコーチから聞いた話です。

コート、天候、対戦相手、自分の調子。いろんな状況がある。選手は状況に応じて心を落ちつけられることが大切。無意識にできるように、日々練習を積んでいる。決まった所作を繰り返して身につけることで、「覚えている」ということを忘れているかのように。
それが、ルーティン (Routine) 、「作法」です。

私たちの日常にも、実は色々なルーティンがあります。例えば、歯磨き。わざわざ、覚えていなくても、忘れることはほとんどありません。覚えている、ということを忘れているぐらい、身についています。

実はそれは、自分ひとりでやっているのではありません。環境と共に覚えているのです。
寝る前、洗面所に行けば、自然に思い出せる。それが所作になります。

鏡や歯ブラシは、そこに、存在としてあることで、合図を出しています。
時間と場所を示す存在。存在という合図のおかげで、私たちは難なく思い出せるのです。

思い出や想像も、自力で「記憶のライブラリー」からひっぱり出しているのではなくて、環境とやりとりによって、想像が記憶として現れてくるのです。

ジェームズ・ギブソンは、お互いが補って、作用しあう関係、その状態を「アフォーダンス」と呼びました。

魚だけが、ひとりで泳いでいるのではない。
水だけが、魚を泳がせているのでもない。

魚は水は共にあるのです。魚は、アフォーダンスと共に、泳いでいるのです。

道元禅師は、こう言いました。
「うを水をゆくに、ゆけども水のきはなし。鳥そらをとぶに、とぶといへどもそらのきはなし。しかあれども、うをとり、いまだむかしよりみづそらをはなれず。」

正法眼蔵の、いちばんはじめのほうに出てきます。なんどもなんども現れるアナロジーのひとつです。

魚が水を行く時には、いくら泳いでも水の果しがはなく、鳥が空を飛ぶ時、いくら飛んでも空に限りはない。しかし、魚や鳥は、いまだかつて、水や空を離れたことはない。

じぶんは、身辺と共に、じぶん。

じぶんとは、周囲の空気もふくめて、じぶんです。私たちは、私を包む空気と共に、私たちなのです。

私たち人間にできることは、アフォーダンスをもっと引き出して、じぶんを活かすことです。

じぶんは、周りの空気と共にある。


出典:James Gibson 『The Senses Considered as Perceptual Systems』、道元 『正法眼蔵』「現成公按」