Empathemian, A butterfly at Steven’s Creek Zinfandel Trail

ユクスキュルは、こう説きました。

生物種ごとに住む世界のイメージは異なっている。

アリにはアリの世界、チョウにチョウの世界、サクランボにはサクランボの世界がある。みな、それぞれちがう、「じぶんの世界」を生きているのです。

生物にとって、意味あることだけが知覚されます。ユキュスキュルはそれを、環世界 (Umwelt) と呼びました。「行動は刺激に対する物理反応ではなく、環世界あってのものだ」というのです。

ひるがえって、私たち人間はどうでしょうか。

私たちもまた、ただ環境が与えられているのではなく、ふれあい、関わって、世界のイメージを、じぶんの内側からもつくっていきます。

相互作用だけはありません。その共同・協働作業を通して、世界像をつくっている。共にある世界、共感的な世界が、「じぶんにとっての環境」なのです。
人間らしさとは、この身体であり、この環境であり、そこでうまれる心のはたらきです。環世界です。

私たちは想像と共感のじぶん風土を生きている。

人間に備わっている共感力を活かし、環世界をあじわう術を学びたいですね。

じぶん風土を育てる。

出典:ヤコブ・フォン・ユクスキュル『生物からみた世界』