Empathemian『英プラ・トレイル3 オリエンテーション』

身につける学びとは?

それは、プラクティスです。
プラクティスとは、身体を使った「実践、練習、習慣」。

本当に身につけるための、真髄とは?

それは、「痛み」です。
ケガや病気の痛みのことではありません。
じぶんでやってみて、失敗を受けとめることです。
「肌身で感じて」深くしっかり身につけられるのです。

たとえば、英語の学習。
いちばん大切なことは、「英語を話す人」になることです。
話せないからこそ、話す人になったつもりで、やってみることなのです。

身をもってすること。
そのものに、なりきること。

「走らないマラソンランナー」はいません。
走るから、ランナーになります。

声に出して話さずに、英語を話す人にはなりません。
話そうとするから、話す人になれるのです。
そのつもりになって話す、というはじめの姿勢に「身につける」真髄が宿ります。

はじめ、なかなかお手本どおりにいきません。
手本とじぶんを比べると、ずいぶんちがいます。
くりかえしやってみて、ふりかえり、たしかめること。
その中で感じる、小さな失敗の痛み。

痛みとは、混乱したり、悩むことではありません。
身体で感じる、という意味です。

まだできないときから、そのつもりになろうとする行為には、
うまくいかないという、微かな痛みがあります。
その体感こそが、プラクティスの真髄です。

このことばをぜひ、おぼえてください。

パテマータ、マテマータ。(注1)

Pathemata, Mathemata.(痛むことが学ぶこと)

Put skin in the game.(身をもってやれ)

英語に、Skin in the gameという表現があります。
「身をもって、肌身で、痛みを感じるように」真剣にむきあい行動することです。

明日の「身につける ② Skin in the game」へつづく

出典:「英プラ・トレイル3 オリエンテーション」

「いちばん大切なこと」(動画コンテンツ)

(注1)「共感は学びの源:パテマータ、マテマータ」をご覧ください。