なりきりコース トレイル2 Seed Pattern Practice (58) Act as if you have it.

[プラクティスのポイント]

トレイル 2のテーマSeedでやりとりの場を想像するプラクティス。
挿絵にある情景、身振り手振りの空間をイメージしてみましょう。
セリフをアウトプットしながら想像することでセンスが身につきます。
いっしょにやって想像をはたらかせてみましょう。
そのあとでエンパレットのツボノートをみて復習しましょう。

[ニュアンスを日本語で]

はじめに、テクストや、日本語の意味をみないでプラクティス。
なれた後に、雰囲気のイメージを結びつけてみましょう。


すでにその力があると思って行動すること。
それができればねぇ。

**
できるつもりになってやってみることよ。
そのことば、勇気づけられるよ。

***
そのつもりでふるまってね。
うん、わかった。で、その次は何?

[ツボノート]

もし。ものごとの状態を想像した表現をつくることば。 what if (もし~なら)、as if (そうであるかのように)。

Act as if you already have it.

(何かを身につけたければ、それができるつもりでやってみよ、そのようにふるまうことだ)

as if 〜は、あたかもそうであるように、という意味。

何事も何かを本当に身につけたければ、その力があるつもりになって、そのつもりでやってみること。
英語のプラクティスもおなじです。ただの「練習」なのではなくて、「英語を使う人になる」ことです。

いま英プラをしていること自体、本当にプラクティス(実践)です。
このセリフとともに、以下のエンパレットもご覧ください)

身につける ① 真髄

トレイル3 オリエンテーション編 いちばん大切なこと(動画)

内語をふるまう