Empathemian『One deed a day』

It will never rain roses: when we want to have more roses we must plant more trees.
(バラが空から降ってくることはない。もっとバラがほしければ、もっと木を植えること。

It is never too late to be what you might have been.
(なれたかもしれないじぶんに、今からなるのにおそすぎるということはない。)

ジョージ・エリオットのことばです。
とつぜん、花は咲きません。手入れをして、見守ること。
土と光と水と空気、そして昆虫。わたしたちは、手入れをすこしして、見守るだけでよいのです。

英語に、deedということばがあります。

「おこない」という意味で使われます。
したこと、おこなったこと。
このことばは、do (する)とおなじ語源です。

「行為」や「おこない」といった名詞にすると、ことばは、抽象化されます。
ことばの意味としては、実際にやってもやらなくても、「おこない」にはかわりません。
でも、deedということばには、本来、身を持って体験することを表します。
a good deedといえば、よいおこないのこと。本当にした時に、deedになります。

Empathemian『One deed a day』

deedは、プラクティスということばと共にあることばです。

・やろうと思っていたけれど、やらないままの「おこない」は、deedではありません。
・やればできるはずなのに、なかなかできない「おこない」も、deedではありません。
・何かを特別なことをすることではなく、ささやかな、ほんのわずかの所作でよいのです。
・毎日、ひとつ、やってみることがdeedです。

ほんのわずかな身体所作の、deedはできます。
飾る必要も、構える必要もありません。
ほんのわずかのじかん、静かに、体の力をぬいて、心を落ち着けること。
今日のプラクティスひとつが、ひとつのdeedです。

Empathemian 『One deed a day}

ひと息の声でことばにして、じぶんをふりかえること、たしかめること。
実は、deedには、証という意味があります。
たしかめる、という意味です。
和語の「たしかめる」は、「手でしっかりと=たしか」という意味です。

声のあることば(seed)を、じぶんにまいて、育てること。
それがdeedになります。

修養とは、毎日、ひとつDeedをつくることです。
エンパシームのつながりを一本つくることです。
あとからふりかえって、自覚することで、おこないは、しっかりと定着します。

One deed a day. (毎日、deed ひとつ)

じぶんを育てることば、声にだしてふりかえることばが、Seed。
そのSeedをつくる日課がDeedです。


「おこないが、じぶんを決める」

「てつおさんの日課 One Deed a Day」

出典・参照:George Elliot Review Online、「英プラガイド」

「George Elliot Review Online」