Empathemian『Chance and Balance』

「修養」は、姿勢を正すプラクティスです。
姿勢を正すとは、バランスを保つことです。

・バランスをとる
平衡へいこう感覚をもつ
中庸ちゅうようを保つ
・均整、調和
・ほどよい距離感

いいことばが、たくさんありますね。
バランスを保つ修養。
そのためには、何をしたらよいでしょうか。

・静かにすわり、おちつくこと。
・短いことばで声にして、じぶんをふりかえる。

なぜそうするかというと?

バランスとは、天秤てんびんのことですね。
天秤にかけて、かたよりを減らしたり、なくしたりすること。
比べるものがない、考えがひとつしかない、のでは、バランスのとりようがありません。

行き過ぎ、やりすぎ、過剰だと感じた時には、「反対のこと」を思い出し、それを声にして言ってみるのです。

反対のこととは?

・することばかりではなくて、しないこと、やめること
・足し算ばかりではなくて、引き算してみること
・自分ばかりでなく、相手。じぶんも相手だとおもうこと
・「敵か味方か、損か得か」のような「わけへだて」を忘れてみる

孔子のことばにあります。

「中庸の徳たるや、それ至れるかな。」

中庸がいちばんの徳だ説いたのですが、何か一定の知恵のことではなく、そのようにふるまうという知恵の働きのこと。それをかみくだいて、ひらたく言ってみると、てんびんの反対側に乗ることばを思い浮かべることになります。

バランスが大切だと、頭ではわかっても、ふだん、気づかずに、バランスを欠いてしまうのは、なぜなのか?
何が行き過ぎになるのでしょうか?
自意識は、何をいっぱいにしてしまうのでしょうか?

How am I?(バランスとれているかな?)


「チャンスとバランス(2)」へつづく


出典:孔子『論語・雍也第六の二十九』