『ジップくん宇宙へとびだす』

『ジップくん宇宙へとびだす』が忘れられません。
ジップくんがテレビの中に吸い込まれ、電波にのって宇宙へ飛びだしてしまうという話です。

忘れられないのは、内容よりも、姉が読み聞かせてくれたことです。5歳の時です。いっしょに宇宙に飛び出して、冒険した気分でした。

私は「宇宙へとびだす」というフレーズが好きでした。時々、思い出すことがあります。先日も、トレイルを歩いていて、オーク樹林の木漏れ日の間から青い空がのぞけた時に、なぜか、このフレーズが思い浮かびました。深い理由はありません。

電波にのって飛んでいくというアイディアがオモシロおかしくて、「宇宙へ飛びだす」と口ずさむことがこれまでたくさんあったからなのかもしれません。

幼年期・少年期(いえ、本当は生涯を通して)声に出して「ものがたり」を体験することには、大きな力があると言われます。

実は、読み聞かせというよりも、読み歩み、読み語りあい、共に感じる時間です。英語ではRead aloudと呼びますが、声に出すことで「空気」が共有されるからでしょう。一緒に冒険している空気。

ジップくんは姉が買ってくれた本でした。本棚の、姉の好きだったジュール・ベルヌの探検シリーズの隣に置かれていました。背表紙を眺めていたことも、見えない体験として、身心に刻まれているのでしょう。

ジャンニ・ロダーリは、こう言いました。
最高の贈り物は、買ったものではなく手づくり。

共に感じる体験は、生涯のおくりものをいっしょに、手づくりでつくる体験です。
共に読み語る、手づくりの体験。

出典:ジャンニ・ロダーリ『ジップくん宇宙へとびだす』