Empathemian 『I am an ant』

森田真生さんは、こう言います。
「松のことは松に習え」ということわざがある。松のことをほんとうに知りたかったら、自分がすっかり松になるくらい、全身で松のことを思いつづけないといけないのである。あたまだけで、なにかをほんとうに知ることはできない。

あたまで「この人は悲しいんだな」と理解することが、悲しみを知ることではない。相手といっしょになって、自分まで悲しくなったとき、はじめてその人の悲しみがわかる。知るということ、わかるということは、自分ではない相手の心と、深く響きあうことなのだ。

数学をわかることも、これに似ている。ただうまく計算したり、知識を増やしたりするだけじゃない。
数や図形の声に耳をかたむけ、心かよわせあうこと。

「アリには人間の数学はわからない。だが、それとおなじぐらい、人間にはアリの数学がわからない。アリには折って数える指はないが、群れのなかの一匹ずつが、群れ全体の器用な指のように、世界のすみずみを探索している。数百、数千ものアリがつくる巨大なからだに宿る数学は、人間のそれより、もっとずっと広くて自由なのかもしれない。」

アリになんかなれない?
アリの気持ちなんかわからない?

では、人間の気持ちならわかりますか?
じぶん自身の気持ちは、わかっているのでしょうか?

じぶんもアリと、同じぐらいかもしれません。
相手に身になろうとしてみるかどうか。気がつくかどうかは、それからです。たしかなことがひとつ。

なろうとしなければ、わからない。
なろうとするから、わかる可能性が生まれる。


出典:森田真生・文、脇坂克二・絵『アリになった数学者』