Empathemian 『A bean is my soul』

ピタゴラスの定理。幾何学を習えば必ず出てきますね。ピタゴラスは、ドレミファソラシドという音階の発明者でもあります。1オクターブとは8個という意味ですが、ドからドは音の周波数が2倍になります。

音を整理してならべる音律の法則。それが、人間なら誰でも美しいと感じるコンセプトになっている。不思議ですね。音は自然現象、整数比は人間の概念。それもシンプルな算数で。

ピタゴラスが鍛冶屋のそばを通りかかった時に聞こえてきた「相づち」の音を聞いてひらめいた、という伝説があります。和音の起源は相づちだったのです。

寺田寅彦の随想に、こういう一節があります。
「ピタゴラスが豆のために命を失ったという話がライルチオスの『哲学者列伝』の中に伝えられている。それが日本にあるどの豆に当るのか、それとも日本にはない豆だかが、分らないのが遺憾である。」

この豆は、そら豆 (Fava bean)です。そら豆は、特別な形をしています。中から胎児がでてくるみたいです。谷川健一は、前方後円墳は「ひさご」(ひょうたん)だと言いましたが、生命の宿る特別な内部構造に、古代の人は霊力を感じたのでしょう。そら豆は、美味しくて栄養があります。

ある伝承は、こう言います。ある日、あるニワトリが言った。「自分はピタゴラスの生まれかわりなので、そら豆をくわないと生きていけない。」

ピタゴラスのことば。
時間は世界の魂。
万物の根源は数。

こんな想像ができます。そら豆のように、ひとつ、ふたつと数える、自然数。それは、時間のカプセル。その中に世界の魂が入っている。

出典:寺田寅彦『ピタゴラスとそら豆』(青空文庫)