Empathemian, Malmo, Sweden 

昔、おばあちゃんのラジオではじめて、地球の裏側の人の声を聞いた時、それは「ぼくの大宇宙」でした。

谷川俊太郎さんは、それがポエジー(詩情)だと言います。

「詩には、行分けで書かれた詩作品という意味と、英語でいうポエジー、詩情、その二つの意味がある。」

ポエジーはあらゆるところにあります。

人は、じぶんでは気づいていなくても、いつも詩情を生きているのです。

「オーストラリアの短波放送なんかを受信すると、すごくうれしい。「オーストラリアが聞こえた!」とかね、一種の空間の隔たりみたいなものがあって、それが詩の言葉の出方と似ている。そういう宇宙の中に自分がいる。意識社会内存在としての人間と、宇宙内存在としての人間。人間は、二重に生きている。」

詩は声の力が大きい。

「詩というのは、意味だけを伝えるものではなくて、音の響きとかイメージとか、いろんなもので言葉ってものを伝えていく。視覚で読むよりも、声のほうが直接的に響く。聴覚というのは、かなり触覚的で、鼓膜に触れてくるから体に直接入ってくる。実際に声に出してみると、音の要素もあるし、言葉が描き出すイメージの要素もあるし、様々な要素が言葉にある。」

言葉は自分と他人を結ぶもの。

「私有できる言葉ってないですよね。生まれた瞬間から、言葉は全部他人から教わってくる。私が「私」と言ったときには、もう全世界の「私」を含んでいる。」

じぶんを空っぽにすると言葉が入ってくる。

「書こうとしているときは、できるだけ自分を空っぽにしようと思っている。すると、思いがけない言葉が入ってくる、そんな感じですね。呼吸法と似てます。自由に書くより、型があると書きやすいですね。」

エンパシームは、ポエジーを写して味わうじかんをつくります。

「実感の数こそ」

「じっとする、を学ぶ。」

「詩はじぶんを知るきっかけ」

出典・参照:谷川 俊太郎『詩を書くということ』

「谷川 俊太郎」