Empathemia『Festina Lente』

Festina Lente.

フェスティナ・レンテという、ことばがあります。
「ゆっくり急げ」という、ラテン語のことわざです。

ゆっくりとは、スピードを落とすこと。
急ぐとは、スピードをあげること。

速くすることと、遅くすることは正反対の動きですから、矛盾しているように聞こえます。
でも、実は、両者をうまく組み合わせるところに意味があります。

ほどよい速さで着実に進むことです。

また、途切れなく、毎日続けることでもあります。

ものごとは、気持ちがあせると、身体の動きが鈍くなります。
意識しすぎると、かえって、バランスがくずれてしまうのですね。

長い目で見て、よりよい結果をもたらすためには、いっぺんにたくさんやろうとしないことです。
少しずつ、コンスタントに、進むこと。
何かに到達するには、道の途中で疲れてしまわないように、じぶんをケアすることが必須条件になります。

とは言うものの、「ほどよい速さ」とは何でしょうか?

それは、何も考えなくても、いつもおなじようにできるスピードのことです。
つまり、いつもおなじようにできる、続けられるような調子で、ということ。

「いつもおなじようにできる」ためには、プラクティスがいります。

Go slow.(まず、ゆっくり)

slowは、悪いことではありません。
あせらず、とぎれず、続くための、秘訣なのです。

こんなセリフを耳にしたことがありますよね?

・何グズグズしているの?はやくしなさい。

・ノロノロするな、サクサクやってよ。

・トロくさいなぁ、早くしないと、間にあわないよ。

私たちは、「急がなくちゃ」と思うことに慣れすぎています。
問題は、急ごうとすることで、かえって、遅くなっていることに、気がつかないままでいる、ということなのです。

ものごとは、いったん、slow downすることで、よりよく、習得できます。

Festina Lente ② [ゆっくりにすると無意識の力が引き出される]へつづく

「プラクティス やきおにぎり」

「待つプラクティス」

「ゆっくりと、円をえがく」

出典・参照:『英プラ』 トレイル3 (88) I am so excited.(ツボ)

「ゆっくり急げ」(ウィキペディア)