Empathemian, Sunnyvale, California

梅の花、桜の花、アジサイの花。

植物は、みな、いっせいに花を咲かせます。
藤の木も、野花も、ブナの林も、植物は、みな、根をからみあわせたりしません。
自然の世界は、自他をわけへだてず、共に、調子をあわせて生きています。

人間も実は、同じように、じぶん自身のなかに、同調するしくみを備え持っています。

人間のおこなうことはすべて相互に結びついている。

ウィリアム・コンドンのこのことばを引いて、有馬道子さんは、こう言います。

「通常の行動における身体とことばと脳のリズムは、すべで結びついている。コンドンは、それを「自己同調(Situation Synchrony」と呼んだ。

脳のリズムと身体の活動状態の関係(体温・睡眠・覚醒)も、話している人の単音・単語・フレーズも互いに同調している。それは、まばたきやその他の身体の動きとも同調している。

このようなリズムの同調は、単に同一個人における自己同調だけでなく、コミュニケーションをとろうとする他の人との間や、その人がおかれた環境としての自然との間においても生じる。日常生活の中で、相手やその場の雰囲気によって、行動のリズムを無意識にあわせている。」

人間も自然の一部。
でも、ふだんは気づかないことばかりです。
いちばん身近な自己同調は呼吸です。

身体の内と外をつなぐ呼吸は、宇宙のリズムとの同調をはかっている。

身体に根ざしたことばも、リズムを整える力。

We live in synchrony.

「空気は生きる力をつくる」

「くりかえしは、いのちのリズム [やすらぐ]」

「ハーモニーとは、生きていること」

出典・参照:有馬道子『ことばと生命』

ウィリアム・コンドン

有馬道子