Empathemian『ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン』

ことばの意味を、ことばで説明し尽くすことはできません。

などというと、あれ?ちがうの?と思いますよね?
ことばは、何かを表して、その意味を伝えるものでしょ、と。

ヴィトゲンシュタインは、こういいます。

Meaning of a word is in its use of the language.(ことばの意味は、言語の使用にある。)

ことばは、意味が先にあって、それを世界のものごとに対応づけるものではありません。
ことばは、世界の写像ではないのです。

どのように使われるかによって、意味が(後から)できるのです。
言語は、人(相手)とふれあう時に、交わされる、身ぶり・手ぶり、声のふるえによる身体行為・表現です。

どのように共有されるかによって、意味が生まれて、定着していきます。
ただし、定着といっても、時とともに、移り変わります。
それは共有のされ方が、つまり、人が生きてふれあう世界自体が、たえず変化していくからです。

ことばの意味を、ことばによって説明する(論理的に記述する)ことができないのは、なぜでしょうか?

たとえば、「おいしい」ということば。
「おいしい」って何?
辞書をひけば、ことばの説明は出てきます。

でもそれは、その説明によってイメージをつかみ、大体わかった(気になる)だけです。
読んでもピンと来ないことも、あるでしょう。

おいしい、ということばは、だれにも体験があるから、わかりやすいですね。
一方、想像できないことは、わかりようがありません。
何らかの体験を通して、そのことばに触れていることで、慣れるわけです。

ことばの意味を、ことばで、100%説明しようとしても、キリがありません。
論理的に説明を記述できる、ということは、すべてが厳密に定義されなくてはなりませんが、それは不可能です。

ひとつのことばを辞書でひいても、説明する別のことばの説明が必要になります。
たとえば、こんな堂々めぐりにもなりかねません。

・石とは何か?小さな岩のこと。岩とは何か?大きな石のこと。(え?)

・土砂崩れとは何か?土や砂が崩れてくること。(うーん)

ヴィトゲンシュタインは、「ことばは世界を正確に写す道具ではなく言語ゲームである」と言いました。

言語ゲームの「ゲーム」とは、決まったルールに従ってやりとりする、という意味ではなく、ルールは決まっていない、という意味です。
はじめから、決まった意味、ルールが与えられているのではなく、そのゲームによって後からできてくる、ということなのです。

そうです、話は逆だったのです!

ことばの本質(後編)[思いが伝わるふれあい・共感的想像]へつづく

「ふれあいそのものが、ことばだった。」

「じぶんは対話でできている。」

「伝わるのは、思いやりの心。」

出典・参照:ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』『青色本』『哲学探究』

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン