Homo Empathemes, Sunnyvale, California

これまで、人間の本質を表すことばが、数多くつくられてきました。

・ホモ・サピエンス(知性をもつ存在)
・ホモ・ファーベル(ものをつくる存在)
・ホモ・ルーデンス(遊ぶ存在)
・ホモ・ロクエンス(ことばを話す存在)
・ホモ・モビリタス(動く存在)
・ホモ・ソシアリス(集まる存在)
・ホモ・レリギオスス(祈る存在)
・ホモ・エステティクス(趣味人)
・ホモ・ピクトル(描く存在)
・ホモ・ムジカ(音楽人)
・ホモ・エコノミクス(経済人)
・ホモ・ポリティクス(政治人)
・ホモ・リデンス(笑う存在)
・ホモ・パテイエンス(痛みを持つ存在)
・ホモ・クレアトール(創造する存在)

哲学的に、科学的に、詩的に、人間とは何か?
人間という存在、特徴を表現しようとすると、このほかにも、まだまだ、たくさんあります。

では、この「じぶん」とは何でしょうか?

宇宙の中の、たったひとつの、かけがえのないじぶん。いちどかぎりのじぶん。
宇宙の中の、すべてのものと、つながり、ふれあい、包みあっている、じぶん。

ホモ・エンパテマ (Homo Empatheme)
共に感じる存在、共に在るひと。

参照:Wikipedia 『Names for Human Species』