Empathemian 『Empatheme & Ubuntu』

oǒ’boǒntoō (Ubuntu)

アフリカのズールー語で「ウブントゥ」ということばがありました。人の心を表す太古からのことばです。

I am because we are.
 (わたしは、みなと共にあるから、存在している)
We are all one.
 (私たちは、みな、ひとつ)

共にあると感じる心。共感を意味することばです。

デズモンド・ツツさんは、こう語ります。
A person is a person through others persons.
 (人は他者の存在によって、人になる)

「私たちは、だれひとり、ひとりぼっちではありません。ひとりぼっちの人間、という言い方は、矛盾しています。そのような人間はどこにもいないからです。他者とつながっているからこそ、人間なのです。

私たちは、だれひとり、準備万端の状態でこの世に生まれてくるのではありません。だれもが、じぶんに贈られた、「弱いけれど共にある」という心を持っています。思いやり、助けあい、ウブントゥで。」

エンパシームは、ひとりひとりが、「実感」を持てるような、シンプルで、ミニマルな方法です。ウブンテゥの心を広める手伝いにも活かせます。

出典:Wikipedia Ubuntu philosophy 
デズモンド・ツツ・ノーベル平和賞スピーチなど

付記:エンパシームというコンセプトを、人間も機械もおなじ、ひとつのシンプルな作法原理でできるような研究開発・創造の過程で、Ubuntuというオープンソース・ソフトウェアを利用しました。色々な分野がわけへだてなく、つながっていくことを願って。