Empathemian, Almaden Quicksilver Park, California

メルロ=ポンティは、こう言います。

共感とは、私が他者の表情の中で生き、また他者が私の表情の中で生きているように思う、というその単純な事実のことである。

相手の表情にふれた時。私によってもたらされた雰囲気がありありとしている。
また、私の表情の中にも、相手の様子が反映しているだろう。

そのようなことが、日常、いつでも起きている。
共感は、自己意識と他者の意識との本式の区別ではなく、むしろ自己と他者の未分化を前提にするものである。

共感とは、じぶんと他者がつながっていること、そのもの。

もともと、私たちはみな、あいだにある「空気」でつながっている。

文字どおり、空気で声がつながり、表情が伝わり、心が伝わるのです。

また、私たちはふだん、逆に、つながっているものを、「わけへだて」しながら生きている、とも言えるのかもしれません。

だから、「じぶんと相手を結びつける」というのは、結び直すことです。
もともと、つながっていたことを、忘れているだけなのです。

共感とは、その事実に気づくことです。

We were connected!


「共感は、生きる最大の力。」

「共感は、学びの源

「共感の宇宙」

出典・参照:モーリス・メルロ=ポンティ『目と精神』

「モーリス・メルロ=ポンティ」