Empathemian, Sunnyvale, California

人間の体を構成する細胞は60兆個。

ところが、微生物は腸内だけで100兆個。腸内はサンゴ礁のような生態系。ちょっと驚きですが、本当の話。

細胞は自分の身内、細菌は他人?それとも、「他人のほうが多いわが家」の方が自分?なんだか、不思議ですね。

この内なる生態系をマイクロバイオータと呼ぶそうです。身体全体で1000兆ぐらい微生物が住んでいるらしい。なるほど、そうだとすると、その「環境」を表すことばが必要だった、というのはわかる気がします。

アランナ・コリンさんは言います。

I’m like a tube.(じぶんは、チューブのようなもの)

「人間は、独立した存在というよりも、マイクロバイオータの容器である。進化で(つまり自力で)やろうとすると、とてつもなく長い時間がかかることを、微生物にお願いして、一緒に暮らすことになった。栄養の摂取は、微生物自身の酵素の働き。わたしたちは腸と共に生きているー」

私の身体にある「腸という臓器」というよりも、むしろ「腸も共に、ひとつのじぶん」なのだと、アランナさんは言うのです。また、私たちは、腸の働きによって、身近な世界を感じとっているのだ、とも。

そう言えば、「あ、時差のせいかな?」とか「気温のせいかな?」とか「ストレスかな?」というふうに、じぶんの体調に気づけるのも、腸の働きのおかげなのですね。

腸の活動は、気分やふるまいと相互に作用しています。「腑におちる」とか「ガッツフィーリング」(腸の感覚)ということばがありますが、実は気分だけでなく、頭で考えてもわからないことを「腸のじぶん」は知っているのかもしれません。

時々思い出したいものです。

腸のじぶんに、共感。

Trust your gut.(じぶんを信じて)

「チューブのじぶんをふりかえる方法」

「声にもありがとう」

「声が、心身をつくる」

「いたむから、わかる。」

出典・参照: Allana Collen 『10% Human』

Alanna Collen TED Talk 「Are your microbes making you fat? 」